So-net無料ブログ作成
検索選択

      [シーモアさんと、大人のための人生入門]               SEYMOUR AN INTRODUCTION [A]

             [シーモアさんと、大人のための人生入門]
               SEYMOUR AN INTRODUCTION

SEYMOUR.JPG

映画[シーモアさんと、大人のための人生入門]リーフレット/表


SEYMOUR.JPG

映画[シーモアさんと、大人のための人生入門]リーフレット/裏


            友人の家へ出産祝いのギフトカードを贈ろうと
            見に行ったサイトで偶然目にした映画チケット
            プレゼント・・・[シーモアさん]という名前で
            はじまるタイトルとピアノの映画らしい・・・
            ということで何気に応募して・・・その後・・
            友人ちへギフトカードを届けた後はもう映画の
            期間もちゃんと把握してなかったのでそのまま
            忘れかけていたある日・・・その当選ハガキが
            急に届きビックリ!!!した・・・そこではじめて
            上映時間を調べに[シネマディクト]のHPヘ行き
            [シーモアさんと、大人のための人生入門]の・・
            公式サイトで見た予告の柔らかなピアノの音色と
            [57年間同じワンルームで暮らしているんだ・・]
            というワンシーンでなぜか涙が止まらなくなり・・
            これはもう映画館でもきっと泣いてしまうと・・・
            覚悟!??を決め・・・すぐに取り出せるハンカチも
            準備して後日・・青森市古川の[シネマディクト]へ
            向かった・・・自分にとって映画鑑賞はライブetc
            より贅沢な感じがして[シネマディクト]へ来るのも
            [ホドロフスキーのDUNE]以来二年ぶりという・・
            ヒドさ加減!?・・しかも今回はタダ券だもの・・・
            当選の優越感より[すみません感]満載で館内へ・・

            俳優の[イーサン・ホーク]監督によるこの映画は
            [シーモア・バーンスタイン]という89歳の一人の
            ピアニストと彼が教える生徒のレッスンの様子を
            伺うだけでもその教え方によりみるみる変化する
            生徒達のピアノの音=感情の表現の変化が凄くて
            全く素人の自分が観ていても・・・シーモアさん
            の教え方もそれを受け取る生徒達の素直さも・・
            そのピアノの音で伝わるようで聴いてるだけでも
            心地よいもので・・・さらにシーモアさんのその
            優しく柔らかな声と言葉が沁み渡るようで・・・
            それはシーモアさんの人生そのものが・・・多分
            いろいろあったからであり・・勝手な想像ながら
            特に父子関係によるものなどから・・予告で観て
            泣けてしまった孤独感のようなものを自ら選んで
            ある種の人間関係についての悟りのようなものを
            語るような場面もあった・・・本当にずっとメモ
            していたくなるような言葉ばかりの中で・・特に
            印象的だったのは[音楽は感情の言語だ・・・]と
            いうもの・・・[不協和音とハーモニーがあるから
            解決が生まれ和解も出来る]というような言葉・・
            音楽のもつ神性さや[救いは自分の中にある・・]と
            いうような言葉の中で・・・観ている自分もまた
            納得したり・・そういうことかと教えられること
            がバックに流れる彼や生徒達のピアノの音色と共に
            たくさん鏤められている素晴らしい作品だった・・
            また対談で登場する方々も多くいた・・・そして
            ベートーヴェンの♪月光♪にまつわる話や・・・
            サラ・ベルナールの逸話etcが面白かった・・・
            またグレン・グールドというもの凄い低い椅子で
            ピアノをまるで撫で舞わすかのように奏でる演奏者
            のシーンがあまりにも印象的だった・・・・・・・

            思いがけず知ったシーモアさんというピアニスト・・
            この映画はシーモアさんの音楽だけではなく・・・
            彼の言葉だけでも本にしてほしいほど・・・本当に
            とても大切な生き方の道しるべとなる映画だ・・・

           P.S.映画を観た後・・・なんだかピアノが弾けそうな
             気分になり・・何気に本屋の楽譜コーナーへ寄り
             ベートーヴェンの♪月光♪をチェックするも・・・
             五線譜の調号を見て速攻閉じる自分だった・・・

         ☆[シーモアさんと、大人のための人生入門]HP→[公式サイトHP]
         ☆映画館[シネマディクト]HP→[シネマディクト]

         ☆以前掲載[ホドロフスキーのDUNE]記事は→[コチラ]

    ♪[KEI☆BOSI]BLOG☆星の玉手箱☆and☆[KEI]BLOG☆音戯草子☆アリマス♪
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0